CAR GUIDANCE
車を売買する前に
 
車の基礎知識 車のこといろいろ バイクのこと
TOPページへ



保険について@



 

ひとことで「バイク」と言っても、その種類はいろいろ。 どんなバイクがあるのか、勉強してみましょう!

アメリカン

ゆったりした運転姿勢でのんびりツーリングは豪快でとっても気持がいいものです。 アメリカンといえば「ハーレー」が頭に浮かぶでしょう。ハーレーはアメリカのハーレー・ダビッドソン (Harley-Davidson)社のバイクのことで、このタイプのバイクのことを「アメリカン」と呼びます。車体が全体的に低く、シートも低くいのですが、ハンドル位置は逆に高くなっています。ゆったりとした乗り心地で安定した走りのアメリカン。このタイプはカウルがないため、空気抵抗をバツグンに感じることができます。しかし、他のバイクに比べると曲がりにくいのでアメリカンは直線をゆったり走るのに向いているタイプと言ってよいでしょう。ドレスアップ系のカスタムパーツも多く、いろいろ見た目をいじりたい人にもおすすめです。

ネイキッド

オーソドックスで扱いやすく、街乗りもツーリングもこなせる、初心者にも扱いやすいので教習車にも多く採用されています。 このタイプはネイキッドといい、日本語で「むき出しの」という意味があります。レプリカやツアラーは車体がカウルというもので覆われているのに対し、ネイキッドは何も装着していないことから こう呼ばれているのです。一番メジャーなタイプとあって、乗るときの体勢も無理がなく、大型バイクになるとレプリカ顔負けの加速力を発揮します。最近では技術が進み、元々レプリカのエンジンだったものをネイキッドのエンジン形式に作り変えられたものもあり、日々性能は上がっています。ただし、カウルがないため空気抵抗をモロに受けてしまうので、高速道路を走ったり、また、向かい風は想像以上に疲労を感じるデメリットがあります。

レプリカ

前傾がきついので、好き嫌いがはっきり分かれます。 まさに走りを楽しむためのバイクで、峠や高速などに適しています。 カーブなどには抜群の曲がりやすさを発揮します。コーナリングを重視した作りとなっているので、遠出のツーリングにはあまり適しておらず、どちらかというと峠を攻めたい方向きかもしれません。

 

 

ストリート

街乗り用バイクなので、街を気軽に走るのに最適でしょう。 ストリートトラッカーとか、ストリートカスタムと呼んだりもします。 オンロードとオフロードの中間のバイクです。 軽量で小型のマシンなので、街乗りでも渋滞でも、らくです。カスタムできるパーツも多いので自分好みに合わせて改造したり、バイクをファッションの一部として楽しみたい方にはおすすめです。

 

 

オフロード

林道などのオフロードには、オンロードにない楽しさがあります。オフロードバイクは舗装されていない道などを走るためのバイクです。山道や林道やダートなんかのデコボコがあったり、土がむき出しだったりする悪路も走行可能です。基本姿勢は、リーンアウトとなっています。ダートレース等の競技に使われているバイクがモデルとなっていて、加速力があり、車体も軽量です。オフロードのバイクを見ているとシートが高い印象を受けますが、座ってみるとリアサスペンションがよく沈み、操作性に優れています。アウトドア好きの方には、ぜひぜひおすすめのバイクです。

スクーター

スクーターといえば以前は「原チャリ」といわれる50ccのバイクがほとんどでしたが、最近は、高速道路にも乗れる250ccクラスのビッグスクーターもあります。呼び方としては50ccまでを原付、125ccまでをミドルクラス・原付二種、250ccまでをビッグスクーター、それ以上をメガスクーターと言います。 オートマチックでギアチェンジはなしなので、操作も簡単らくちんです。

 

 

c2008 CAR GUIDANCE All rights reserved.