CAR GUIDANCE
車を売買する前に
 
車の基礎知識 車のこといろいろ バイクのこと
TOPページへ



保険について@



自動車保険の比較

■自賠責保険と自動車保険

自動車の保険には、強制保険(自動車損害賠償責任保険)と任意保険(自動車保険)があることは、車を運転する人なら知らない人はいないでしょう。 このうちドライバーに関心のあるのは、保険料が強制的に定められている自賠責保険ではなく、加入する保険会社によって保険料が違っている自動車保険のほうです。言葉の通り、「任意」で保険に加入するかどうか決めるわけですから、よく保険について知らないといけません。強制保険の方は、万一事故を起こしたとしても、保証される対象や額が低いため、任意保険が逆に強制保険のように感じてしまいます。加入していなければ、不安でドライブにもいけませんから(笑)

しかし、一昔まえまで、自動車保険はどこの保険会社も、似たような商品で保険料も大差ないというのが常識でした。ところが最近では、ほとんど同じ補償内容でも保険会社によって保険料が違っていることや、商品の多様化が、当たりまえのようになってきました。それは、日米保険協議による1996年〜1998年の自動車保険の自由化以降の現象です。自由化まえは、大蔵省(現在の金融庁)のいわゆる護送船団方式の指導方針により、外資の参入が厳しく制限され、また国内的には、自動車保険料率算定会という団体の算出した料率を、すべての保険会社が適用することを義務付けられていたからです。

自動車保険の完全自由化以降、各社の保険料に格差が生じ、また、加入者の走行距離や年齢、免許証の色、車の使用目的、対象車両の安全装備、居住地域等々で商品の多様化が加速されました。さらに、これまでの代理店経由の契約だけでなく、通信販売やインターネットで契約することもできるようになり、加入方法の選択肢も増加しました。

しかし、自動車保険の完全自由化以降、それぞれの保険会社が、独自の商品を開発し積極的に広告を出していますが、情報があまりに多すぎて、いったいどの会社の、どんな商品に加入したらよいのか、迷っている人も多いでしょう。さらに、最近の自動車保険は、相手方への賠償のみならず、自分自身の補償、自分の車に対する補償などが、セットされた状態で販売されていることが多く、非常にわかりにくいものとなっています。


■自賠責保険の概略と自動車保険の発生理由


そこで、ドライバーにとって、新規契約時や継続契約時に、いま自分にベストな保険商品は何かを考えるには、まず基本的なことから押さえていく必要があります。そもそも、加入が義務づけられている自賠責保険のほかに、なぜ任意である自動車保険に加入するのか。むろん、それは、自賠責保険の支払い限度額を超える対人賠償責任を負ったときのほか、自賠責保険の対象にならないさまざまの事故に備えるためにあります。

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、自動車損害賠償保障法により設けられたもので、これは、自動車事故を起こした加害者の支払い能力の有無によって、被害者への補償が左右されないようにするための、「被害者保護」を目的とした「対人」保険です。その賠償金の最高限度は1回の事故で、被害者1名につき、 死亡3000万円、重度の後遺障害4000万円、傷害120万円までと決められています。そして、すべての損害に対して自賠責保険が適用されるわけでありません。クルマやガードレールなどの「モノ」に対する損害、自分の身体、自分のクルマに対する損害には適用されません。つまり、自賠責保険の支払いは「他人」に対する損害だけに限られます。被害者救済を目的とする自賠責保険は、事故を起こしたクルマの保有者自身がケガをした場合は適用されないのです。
                                                             
ここに、ドライバーが自賠責保険だけでなく、任意保険にも加入する理由が発生するわけです。最近の交通事故による判決例をみると、2億円から3億円の高額の賠償額が認定されることも珍しくありません。したがって、自賠責保険の限度額を超えた場合には、任意保険(自動車保険)に加入しておかなければ、被害者側に十分な償いができないことになってしまいます。そのため、いまや任意保険における対人賠償保険は、「無制限」が常識になっています。すなわち、自賠責保険の支払い限度額を超える対人賠償損害や、自賠責保険の対象にならない対物賠償損害、自分自身のケガや自分のクルマの損害などに対処するために、どうしても任意保険(自動車保険)が必要になってくるのです。

check

Last update:2017/1/23

c2008 CAR GUIDANCE All rights reserved.